• 自走式駐車場の特徴とは

    自走式駐車場という言葉を聞いて、どんなものかと考えうるのは、わたしだけでしょうか?自走式駐車場は、2階以上のところを、自分が運転して駐車するというものです。


    大型スーパーによくある、上り坂を登っていって駐車するあれのことです。
    また大型ビルの地下にあるものも自走式駐車場とよばれ、そのビルの入居者が主に使用していて、余ったところを外部に貸し出すというシステムになっているところが多いです。


    さて自走式駐車場の特徴ですが、出し入れがしやすいように1台1台のスペースを広くとっている、ところが多いということが上げられます。


    機械駐車場のように、機械の反応を気にしたり、機械にぶつからないように気を使う必要がないのはとても嬉しいことです。

    全てではありませんが、殆どの駐車場は屋根がついているので、雨風を防ぐことができ、太陽光による色あせからも車を守ることができます。

    自走式駐車場サイトを見つけることができました。

    地下タイプの駐車場だと屋外にある平置きのものに比べて、監視カメラがあったり、入り口にデートを設けたりと、セキュリティがしっかりしているということが上げられます。
    デメリットではありますが、車の車高を低くしている車には向かないということです。



    これは傾斜があるため、急なところでは、地面に車体がこすってしまうということがあるからです。


    重量制限もあり、大型車はこの重量制限をクリアすることはできません。



    収容台数が多いところが多いので、隣接する車や対面する車と自分の車の大きさを考えて、駐車する場所を探し必要があります。